So-net無料ブログ作成

風味。 [音楽・映画]

先日、ASPEC SPECIALが再び聴きたくなっているについて書いたが、
これは意外と簡単に解決した。

当時のシリーズ曲とそれに関連して好きだった曲は、
探してみるとデジタル音源となってかなり残っていたのだ。


それらを配信サービスの中から拾い出してまとめ、架空のアルバムを作ってみた。

あるいは昭和風味..JPG

見つからなかった曲もあるのでオリジナル通りじゃないんだけど、
およそ好きだったのはこのあたり。
だからアルバムタイトルは「風味」なのだ。

稲垣潤一は当時ヒットチャートでもお馴染みだったせいか、膨大な曲が揃うのに対して
井上 鑑は楽曲自体は40曲以上残っていたものの、このシリーズで使われたのは
GLAVITATIONSがあるのみ。
レティシアやSUBWAY HEROが揃わなかったのが
ちょっと残念だった。
シリーズ曲じゃないのもあるけど、個人的に好きだったからアーティスト繋がりで入れておくことに。

この他にも何曲かあったが、かなり選んでダウンロードして9曲、合計1620円の配信料となった。
まとめて聞いてみると、やはりあの映像と共に聴いたからこそ、強く印象付けられたとも思える。
同じ曲でもラジオから流れて知ったとしたら、イメージはずいぶん違ったものになったろうな。
ともあれCD一枚として考えれば、面白い買い物だったと思う。



***




WALKMAN.jpg

余談だけれど、私はWALKMAN派。
もともと音楽を持ち歩く習慣はなかったが、妻のリンゴ印に触発されて自分用のを買いに行ったところ、
例のチチチッと親指で弧を描く操作に、なんとなく違和感を感じてこちらに。

妻の使っているモデルでは面白いやり方だと思えたのに、モデルチェンジして店頭にあった型では
タッチが軽過ぎて好きになれなかったのだ。

それ以外はどちらでも、というか周辺機器まで考えると同じ方が良かったんだけど、
リンゴ印と聴き比べると音質はSONYの方が好ましく思えた。

ただパソコンで管理するのはiTunesの方が使い勝手がいいし、直感的なわかりやすさがある。
頼まないのにプレイリストを作っておいてくれる妻も、ソニックステージは使いにくいそうだ。

そのあたりは元々音響屋さんでもあったSONYと、
もはやAppleというシステムの作り手となった企業の違いなのかもしれないが。


ま、気に入ってるからいいんだけどね。

 


タグ:Walkman Mora
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 11

コメント 8

HIRO

こんにちは。
架空アルバム完成おめでとうございます。
確かに、曲だけでは印象も違っている可能性もありますね。

ウチは林檎印ですが、長く使っている性か?、Dの若い営業さんに「こんなに大きいモノだったんですね(最近のに比して)」って言われたり(笑)
前のGolf-IIIには、6連CDチェンジャーなんて積んでました。
by HIRO (2011-06-03 05:54) 

kobaban

さすらい、いいですね。たまにバイクで走りながら歌ってます。
♪じゆーだけをーおいーかけるー♪のフレーズが好きで。
私は昔にiPodを買ってしまったばかりに、iTunesから離れられずに、今はiPhoneです。
by kobaban (2011-06-04 01:51) 

FTドルフィン

今でもよく聞くのは
この記事と同じ年代の曲です。
今はすっかりアンテナ低くなってるし
アナログ割合が高くて
ミュージシャンの職人技が冴えてた年代なんで
今のものは、どうもしっくり来ない。

僕は当時、ドラムを叩いていて
フュージョン系の傾向だったんですが
ジャズ界のフュージョンはいまや絶滅(笑

なんかこう、ストレートに心に響く音楽に
なかなか出会えないですね。。。
(ない事はないんだけど・・・)

僕はiPodのnano使っているんですが
最新のはチッサすぎて使えないですよ
タッチはiPodじゃないですね
ちょっと路線に疑問を感じます。

なんでも、こう
距離が近づいたあとは
離れて行くのかな〜・・・なんて(笑
by FTドルフィン (2011-06-04 17:17) 

harry

自分のWALKMANに入ってる曲は90%くらいが'80年代以前のような。
ふと聴こえてきて「むむ。」と思った音楽を探して、買って...
なんていうことも、あの時代以降はすっかり遠のいてしまいました。
音楽が響いてくる年代ってあるんでしょうかね。
by harry (2011-06-04 22:22) 

YASH

★HIROさん
実は私も仕事の移動中、トランスミッターで飛ばしてラジオで聴くのが
主な使い方になってます。
時々周りの車のと混線するのが困るんですけど。

今はCDチェンジャーってないんですってね。
妻の車では現役ですけど(笑)

★kobabanさん
♪活きてゆく道連れは夜明けの風さ なんて詩が成り立ったのは、
この時代のこの人が最後でしょうね。
自由だけを追いかけてるとメシの種に困るぞ、なんて
考える男になってしまった自分が、かなりイヤ(笑)

わかっているだけに、せめて歌の中ではそんな生き方をしてみたい。
カッコいい人生なんて、たぶん歌の中だけですもん。

★FTドルフィンさん
フュージョンも本当に耳に入らなくなりましたね。
初期のスクェアなんてよく聴ききましたが、
さっき「フュージョン」で検索しようとしたら、
候補が“中古”、“カスタム”、“ホンダ”だって(苦笑)

私も流行り歌はもう、全然わからなった一方で
少し前からフィドルとギターの組み合わせが好きな事に気が付いて、
カントリーぽいのを聴くようになりました。
このジャンルってコテコテのオールドスタイルからロックに近いのもあって、
すごく巾が広いから好みの歌い手を見つけるのが大変なんですが。
でもしっくりくる声や曲に出会ったときはうれしいです。

それにバイクで走っている時の、移り変わる風景と
合うような気がするんですよね。
で、出先で気持ちのいいところに停めて聴いてみようと、
WALKMANをポケットに入れていくこともあるんですけど、
結局聴いているのはその場所で聞こえる音だけだったりして。
私にとっての音楽は、その程度のものなんです。

by YASH (2011-06-04 22:26) 

YASH

★harryさん
>音楽が響いてくる年代
確かにそれはありますね。
なんというか、乾いたスポンジが水を吸い込むような頃って、
みんなが経験していると思います。

そうしてずいぶん時間が経って、あんまり新しい音楽に
向かわなくなった時期もあったんですが、最近はまた時々
「むむむっ!?」となってますよ。

きっと音楽が鳴り響く時期って、人生の中で何度かあるんだと思います。

by YASH (2011-06-04 23:24) 

うえいぱうわ

私はどっち派でもないかもーと思ってたら、音楽を聞く
習慣が無いことに、今、気が付きました(笑)

でも響いてくるのは、やはり80年代です。
by うえいぱうわ (2011-06-04 23:55) 

YASH

★うえいぱうわさん
私も自分用として買ったのはこれが初めてなのでした。
カセットのウォークマンの登場と思春期とはちょうど重なるんですけど、
なぜかその頃も別に欲しいと思わなかったんです。

で80年代ですけど、音楽抜きにしてもあの時代に
青春を過ごせたのは、やっぱり幸せだったと思いますね。
by YASH (2011-06-05 20:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0