So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな夢を見た。 [夢]

夢の中の私は少年だった。

寒くて少し荒れた感じのする町工場の中にいる。
吐く息が白い。

設備がえらく古めかしくて、どうも「今」ではないようだ。
場面を俯瞰しているもう一人の自分が、そんな事を思っている。

少年はなにかを待っている。


タグ:初夢

とある土曜の夜から日曜の朝。 [夢]

夕べは夕食の後、いつものようにブログを見て回っていたのだが、
疲れていたのか、いつのまにかファンヒーターの前で寝入ってしまった。

ふと目覚めると午前3時過ぎ。
おかしな格好で寝ていたらしく、体の節々が痛い。
いかんいかん。

それから風呂に入って布団に入る頃には4時を回っていた。

そろそろ朝だぞ。


タグ:

彼女の居場所。 [夢]

以前記事にしたこともあるし、コメントにも書いた事のある実家の柴犬。名前をロンという。

実はそのロンはもういない。

あえてその時は記事にしなかったけれど、16回目の冬を越すことなく、今年の1月末に旅立っていった。

私が覚えている犬の中では一番の長寿で、家族に看取られて逝ったのもたぶん彼女だけ。

まるで猫のような気ままな性格だったが、それでも家族に愛されて幸せな生涯だったはずだし、
私達には楽しい記憶をたくさん残してくれたものだ。

今でも毛並みの感触を、手のひらが思い出す。



お盆だから、というわけでは、ナイ。


冷や汗も出ず [夢]

ついでがあったので、「まあ、やっとくか」と受けてみた健康診断だったのに、難しい顔のドクター二人を前にした私がいる。

 「とてもよくない結果が出ています。」

 

なんていきなり言われてもね、困るんだけどな。

続きます