So-net無料ブログ作成

North Tour -視線のかけら- [Ride]

北海道編最後は、旅の間の視線をまとめて。
いつかまた、出かける日のために。

仙台港1.JPG


天候には恵まれない今回の旅だったけれども、実は名古屋港からの海路は
澄み切った青空の下だった。

太平洋フェリー.JPG

正直、フェリーに乗ってる時は雨でもなんでも全然構わないのに、
梅雨真っ盛りの6月末とは思えないこの空。
太平洋の深いブルーの美しい事。
扉の写真は経由する仙台港到着時で、ここでもいい感じの夕日に見送られて
苫小牧へ。

北海道到着後は前述の通りで、せめてあと二日くらいずれてくれたら
旅の印象はずいぶん違ったと思うが、まあ現実は現実だ。

美馬牛.JPG
オトンルイ.JPG

それでもいろんな所に行き、いろんなものを見て感じられたのは、
本当に良かったと思う。
距離を重ねる度に、積み重なった余分なものが剥がれ落ちて行くような気がした。

体調面で一番気になっていた肩凝りから来る頭痛は、
なぜか二日目くらいから消えていた。
体が何かを取り戻したのか、不思議でならない。

R232.JPG
斜網広域農道.JPG


ハートランドフェリー.JPG

礼文島は最初立てたプランにはなかった場所だが、
地図を見ていたらなぜ行かないのかと思えてきて、
半ば強引に行程に組み込んだ。
なんでもその気にならないと、知らなかったことは見えてこないのだ。

礼文1.JPG

最北端のスコトン岬。
霧雨が降ったり止んだりで展望は開けなかったが、
霞んだ海と相まって最果て感たっぷり。

礼文2.JPG

こちらは南の猫岩を望む展望台から。
どこかで見たような…と思ったら、ハワイにもこんな風景があったのを思い出した。
もちろん空気感は全然違うけど、どちらもジュラシックパークのような山肌。



ANA0327.JPG

空港1.JPG

今回、妻はセントレアから女満別空港への空路で。
こういう地方の空港から始める旅をしてみたいとずっと思っていたけれど、
そこへ迎えに行く事になるとは。

空港2.JPG

バイク用駐車場もちゃんとありました。
でも例によってとてもわかりにくい。
出口ゲートのすき間を逆走して入るなんて、言われなかったら気が付かない…。


野付1.JPG

野付半島では野生の鹿に出会った。
妻が尾行を始めても(笑)、微妙な間隔は保つものの、
あまり警戒する様子がない。

野付2.JPG

近くに山や森もないのにどこから来たんだろうと思ったが、
元々この細長い半島の茂みで生まれ育ったのか。
さすが北海道。



ぺこり.JPG

雨や雲の低い写真が多いけれど、たまにはこんな空の下を走れた事も。
乾いているって素晴らしい。
どこを見てもきれい。
本当にそんな事ばかり、インカム越しに話していた。
この時ばかりはお天気の神様に、感謝。




***




twin.JPG
今年16年目になるTDMは、私達と二人分の荷物を事もなく引き受けて2000km走り、
身に付けた装備は不足なく、雨風から守ってくれた。
天気がどうのとは言うものの、行程を狂わせるようなトラブルも無く、
総じて見れば良い旅だった。

とはいえ、行くつもりでいたのにいろんな都合であきらめた場所もあるし、
もう一度訪れてみたい所もいくつかできた。
今度はあまり間を置かないうちに、また行こうと思っている。

その時は、こんな空が続くのを願って。

大空町.JPG




nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

nice! 5

コメント 4

MORIHANA

ぜひぜひ、またお越しくださいね。
ツーリングには道東&道北がより「らしく」て良いのでしょうけれど、札幌にもぜひ、お立ち寄りを(`Θ`)ノ スケジュールが合えば、晩御飯をご一緒させてくださいね~♪ その日を楽しみにしています。 
by MORIHANA (2019-08-16 11:17) 

YASH

★MORIHANAさん
何としてでも、また行きますよ。
今回も安平から札幌-積丹-瀬棚のプランがあって、
もしかしてお会いできないかな、などと妄想したのですが…(汗)。
でもこんなコメント頂いたからには、
次回はMORIHANAさん基準の旅程を組んじゃいますから。
「行きたい」が増えるって幸せです!
by YASH (2019-08-16 22:52) 

rascal

いつか3台で走りたい。
ずっ~とそう思っているんですよ(笑)

北海道へ行くようになって日本とか日本人いう考えが変わりました。
やはり北海道はアイヌの地であり、自分は本土の人間で大和人なんだと。
都会で暮らしていると自然と共存する事を考えず日々の暮らしに追われ生きています。
先祖を敬う事、神に感謝する事を忘れて暮らしています。
アイヌ民族の人や琉球民族の人とかネイティブアメリカンの人々が大切にしている物とは程遠いと感じます。
それが北海道を走ると、日常をかけ離れ自然から感じる何かを取り戻せるような感覚になります。
雨の北海道を走ったからこそ出会える事や感じる人の温かさなども大切な物だと思うようになりました。
無理をして生きている自分と出会い、自然でいる事を思い出させてくれる場のような気がしています。
by rascal (2019-08-18 11:20) 

YASH

★rascalさん
若い頃の旅でも感じた事だけど、後半になると
毎日バイクに乗って移動するのが、日常みたいに思えてくるんです。
2~3泊までだと毎朝新鮮な気持ちなんですが、そういうのとは
少し違って、前向きに冷めてる、というか。
あれも不思議な感覚でしたね。

3台でねぇ…。
3つの歯車が噛み合えば、そんな事もあるかも?(笑)。


by YASH (2019-08-21 22:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。